coachバック(鞄)持ち手(ハンドル)交換修理

こんにちは、今回は

全て手作業(手縫い)にこだわり作業してみました。

やはりミシンより手縫いの方が、縫いの耐久性も強いので

アマクサ Fでは、手縫い修理は別メニューになっております。

時間もかかり、技術も高度な手作業が求められます。

修理品は、コーチのバック(鞄)です。持ち手がボロボロになっていました。

違和感のない革がありましたので全体のトーンも崩さず出来ました。

作業工程を画像にて紹介いたします。