DANSKO Sonja 加水分解 オールソール修理

今回はダンスコの加水分解したソールのオールソール修理をご紹介します。

 

< Before >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

ソール全体が加水分解を起こしていて、ボロボロになっています、、、

加水分解とは、ソールの材質であるポリウレタンと空気中にある水分が反応して起こる症状です。

(湿気のこもった下駄箱などに長期間、空気に触れずに保管しているとなりやすい症状です。)

 

お客様曰く、仕事に適している形だとのこと。

履きなれているこのダンスコをなんとか修理して履き続けたいとのことでしたので、

ソールの仕様を変更させていただくこと、その際サイズ感が変わることもご了承いただいた上で

以下のように修理させていただきました。

 

< After >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

元の、釘で留まっていた穴を利用して、アッパーをウエルト状の革と縫い止めました。

SONY DSC

ウエルト状の革とミッドソールにアウトステッチをかけ、ソールとアッパーを固定しました。

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

ソールにはビブラム2021を採用しましたので、もう加水分解を起こすことはなくなります。

また、次回ソールが減った際にはミッドソールより下のソール部分だけ剥がして、

新しく変更することが可能になりましたので、また長く履いていただけるかと思います。

 

ありがとうございました。

 

< menu >

* vibram 2021 ブラック

* ミッドソール ラバー

* 丸洗いクリーニング

 

高橋

Tory Burch トリーバーチ エスパドリーユ レースパンプス 縫い修理

こんにちは!

夏休みも終わりに近づき、虫の音など秋の気配を感じます。

そろそろ秋の衣替えを意識し始めている方も多いのではないでしょうか?

 

そうは言ってもまだまだ暑い日が多いので、夏の装いがしばらく続きそうですね。

 

本日は、トリーバーチの総レースで作られているエスパドリーユの修理をご紹介します。

 

< Before >

SONY DSC

 

SONY DSC

デザインはとても繊細で素敵なのですが、、、ソール部分とアッパー部分が紐のみで固定されており、

その紐も麻紐なので経年により切れてしまっていました。(ちょっと力を加えただけで、ブチブチと

切れてしまいました、、、)

 

< After >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

麻紐よりも丈夫で耐久性のあるナイロンコードにて、元と同じ手順で縫い直しました。

紐の色も違和感のない色を選択しましたので、デザインを損ねていないと思います。

 

繊細な作りのデザイン靴でも、長く丈夫に履きたいものですよね。

 

ありがとうございました。

 

 

高橋

Louis Vitton bag / Tory burch wallet ヴィトン 鞄修理 / トリーバーチ 財布修理

最近、バッグ修理のご依頼を多く頂くのですが、その中でも特によくある修理内容をご紹介したいと思います。

 

○ Louis Vitton の鞄の肩掛けストラップの根元の革交換

 

< Before >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

鞄を長年使用していたり、重たい荷物を入れ続けることにより、ストラップの根元に負荷がかかり、革の経年劣化と共に裂けてしまうケース。

 

 

< After >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

ストラップの根元の部分を新しく作り直すことによって、解決します!

 

 

 

○ Tory Burch の財布のファスナー交換

 

< Before >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

財布を毎日、開閉していると、どうしてもファスナー部分に負担がかかってきて、角の所で生地が破れてしまうケース。

 

 

< After >

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

ファスナーを新しく丸ごと交換し、開閉がスムーズになり、生まれ変わります!

(※ブランドオリジナルのスライダートップは再使用できる場合とできない場合があります。)

 

今回ご紹介させていただいたケースと似たような状態の鞄や財布がありましたら、寿命だと諦めてしまう前にぜひ一度ご相談ください。

 

高橋

 

Tricker’s Bourton / Ralph Lauren ダイナイトオールソール

トリッカーズのバートン、

ラルフローレンのコインローファーのダイナイトオールソールをご紹介します。

 

○Tricker’s Bourton

< Before >

DSC_1006

DSC_1007

DSC_1008

DSC_1009

DSC_1012

DSC_1010

DSC_1013

DSC_1014

ダイナイト特有のソールのボツボツイボがだいぶ消えてしまっています。

ソール部分とアッパー部分を接合している、ソール裏の出し縫いも切れ、ヒールもゴムの部分が減り、、、

 

と、ちょうど良いオールソールの交換時期となりました。

 

< After >

DSC_1294

DSC_1295

DSC_1296

DSC_1297

DSC_1303

DSC_1301

 

ダイナイトソールを使っての元と同じような形での修理となりました。

 

< Menu >

* ダイナイトオールソール

* レザーミッドソール交換

* 丸洗いシューケア

 

 

○Ralph lauren コインローファー

< Before >

DSC_1077

DSC_1078

DSC_1079

DSC_1082

DSC_1083

DSC_1085

DSC_1087

DSC_1089

ヒールを含めた、ソール全体が完全に劣化してしまっています、、、

このままでは長く履けそうにありませんので、

こちらも、オールソールの交換タイミングとなりました。

 

< After >

DSC_1309

DSC_1310

DSC_1311

DSC_1312 (1)

DSC_1317

DSC_1315

DSC_1313

DSC_1318

DSC_1320

DSC_1319

今回はダイナイトソールのレンガ色をご選択いただき、元の雰囲気に近い仕上がりとなりました。

これでまた、長く履いていただけるかと思います。

 

< Menu >

* ダイナイトオールソール レンガ

* レザーミッドソール交換

 

 

 

DSC_1293

元のソール仕様と同じ部材でのオールソール交換も、新たに靴の印象を変えたいというオールソールのご依頼も可能ですので、ご相談ください。

もちろん、ヒール交換のみのご依頼も喜んでお受け致します!

 

高橋

 

 

 

 

財布の小銭入れ修理 & カスタム ファスナー交換 & ポケットカスタム

本日は、財布の修理と財布のカスタム加工をご紹介します。

 

○ genten財布の小銭入れファスナー交換

DSC_1253

こちらのお財布、小銭入れのファスナー部分が閉じても空いてきてしまうとのことで修理をお受けしました。

通常このような症状の場合は、ファスナーの開閉を長く行うことによる、スライダー引手とファスナー歯との摩擦等でスライダー引手自体がダメになっているケースが多いです。

なので、スライダー引手を交換すれば解決。

ということもあるのですが、、、

 

ですが、今回お持ちいただいた財布に使用されていたファスナーが海外製だった為、国産のスライダー引手が合わず、ファスナー全体の交換修理とさせていただきました。

DSC_1248

DSC_1252

DSC_1254

DSC_1257

ファスナー部分が丸々新しくなったので、ご購入いただいた時と同じようなスムーズな開閉ができるようになりました。

 

ファスナー部分のトラブル、不具合ぜひご相談ください。

< Menu>

* スライダー交換

 

 

○ Atelier sab財布の小銭入れポケットカスタム

DSC_1453

DSC_1454

こちらの財布は、小銭入れのポケット部分の仕様変更カスタム加工でのご依頼をお受けしました。

 

DSC_1456

DSC_1457

別途、お持ちいただいたポケットを再利用して、移植して欲しいとのご依頼でした。

 

DSC_1459

DSC_1460

土台の財布に合うように、縫い付け箇所のサイズ調整や、新たにパイピングパーツ等を作成し、移植させていただきました。

< Menu >

* ポケットカスタム加工

 

愛着のある財布の修理はもちろん、ご希望のカスタム加工、オーダーでの自分だけの一点物製作まで幅広くご対応させていただいております。

 

高橋

 

 

Postman shoes vibram 2810 Gumlite オールソール

ポストマンシューズをvibram 2810 ガムライトソールでオールソールオールソール修理をさせていただきました。

DSC_1208

DSC_1209

DSC_1210

DSC_1211

DSC_1212

DSC_1213

vibram 2810 ガムライトソールはスポンジ素材のクッション性とゴム素材の耐久性を併せ持つ、

新素材を使用したソールになります。

vibram 2021や2060などのスポンジ素材のような見た目ですが、修理の際、削っていても、ゴムのような粘り気を感じる素材です。

 

DSC_1218

DSC_1221

SR/USA Standerdのタグが付き(slip-resistant, made in USA with a tag designated)、

USPSアメリカ合衆国郵便公社の定める規定に適合した職員の靴であるこのポストマンシューズのような本物のタフに履けるような靴にはバッチリな素材だと思います。

 

<Menu>

* vibram 2810 gumlite オールソール

* 丸洗いシューケア

 

高橋

Aurora shoes / Caminanndo mountain boots vibram 2060 オールソール

vibram2060を使用して修理させていただいた二足、オーロラシューズとカミナンドのマウンテンブーツをご紹介します。

○Aurora shoes

_20160407_162449

DSC_0984

DSC_0985

DSC_0987

DSC_0990

vibram2060はヒール部分とソール部分が一体型のユニットソールとなっているので、

履き心地もよく、また、スポンジ素材で作られているのでとても軽いです。

オーロラシューズなどの履き心地の良さを楽しむ靴にはぴったりのソールではないでしょうか。

 

<Menu>

* vibram 2060 Black オールソール

* 丸洗いシューケア

 

 

○Caminando mountain boots

< Before >

DSC_1016

DSC_1018

DSC_1019

DSC_1023

DSC_1021

DSC_1022

 

< After >

DSC_1199

DSC_1200

DSC_1202

DSC_1207

DSC_1204

DSC_1206

 

こちらも、元のデザインを損なうことのないボリューム感のある仕上がりとなりました。

こちらのソール、ソール裏に付いているギザギザの溝が消え、少し滑るような感覚がした時が交換時期の目安となります。

 

<Menu>

* vibram 2060 Brawn オールソール

* 丸洗いシューケア

 

高橋

革靴って丸洗い出来るんですよ!!

こんにちは、西森です。

そろそろショートブーツなど出しても良い時期かも///

これから一気に朝夕寒くなるみたいですよ。。

そんな靴の衣替えの時期

しまう靴、出す靴ありめすよね

そこで天草製作所ではしまう前、出す時に丸洗いケアを推奨しております。

革って実は水分を欲しているんですよ。

洗うのは簡単ですけど、その後のケアが重要

私どもは、手洗いした後、自然乾燥させ

9割がた乾いた時に、たっぷり保湿クリームを革に浸透させます

そのあと、一足一足心を込めてケアをしていきます。

この完全に乾く前がポイントです!!

是非、一度 天草製作所のシューケア丸洗いをお試しください!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

靴の内側の合皮の張り替え

こんにちは西森です。

もう梅雨ですかこの天気!!!!

早くパキッと晴れて欲しいものですね

本日の修理は、靴の内側の合皮がボロボロになってしまい

一度、ボロボロの合皮を全てはがし取り

新しく革を使って縫い直します

修理前

内側の合皮と中敷きがボロボロです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ライニング(内側の合皮は全てはがしています)

修理後

ライニングは合皮から本革(豚革)

中敷きも合皮から本革(牛革)

Exif_JPEG_PICTURE

 

これで安心して履けます。

長い間 下駄箱にしまって置いて、湿気で中がボロボロになっても

本革で張り直す事ができますよ!!

 

早く暖かくナーレ!!

こんにちは西森です。

寒かったり、梅雨みたいに雨ばっかりだったり

早くポカポカな春が待ち遠しいですね〜

天草製作所のシンボルフラッグも

皆さんのお越しをお待ちしておりますよ〜

DSC_4166

 

細かい傷は、傷補修で目立たなく出来ますので!!

修理前

Exif_JPEG_PICTURE

 

修理後

Exif_JPEG_PICTURE

 

革小物も続々と新しい物が出来ております。

長財布です。イタリア革のリスシオで作っています。

色、イエロー、ブルー、ボルドー、グリーン、レッドが出来ます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

料金は25000円プラスTAXです!!