靴作り教室!!また1足、素敵な靴が完成されました。

年末で街中がなんだかざわざわしておりますが、

天草製作所の靴作り教室は、日頃と変わらず

黙々と生徒さんたちが靴づくりに励まれています。

そして本日、またお一人

初めて自分で作る靴が完成されました!!

R.Iさんおめでとうございます!!

全ての工程に妥協なく綺麗に仕上げていかれました!!

2足目はもっとクオリティーが上がること間違いなし

そして仕上がった靴をそのまま履いて帰れました!!!!!

今年最後の授業は12月29日までやります。

2019年の生徒さん募集しております。

是非、新しい年に新しいことにチャレンジしてみませんか?

 

 

クリスマスプレゼントにいかがですか?

こんにちは、今年もクリスマスまで残り20日を切りました。

もうプレゼントはお決まりになりましたか?

素敵な方に素敵な靴のプレゼントはいかがでしょうか?

天草製作所では、パターンオーダーチケットをご用意しております。

是非、大切な方へ

メンズ、レディースございます。

鞄の持ち手修理のご紹介

こんにちは。

今回は鞄修理のご紹介をさせて頂きます。

 

ロベルタ ディ カメリーノの鞄の持ち手が千切れてしまったとご依頼頂き、

新しい持ち手を作成し、交換させて頂きました。

 

<Before>

<After>

雰囲気も変えることなく、金具も含めて交換させて頂きました。

 

 

とても素敵な鞄なので、またお使い頂けると思います。

ご依頼頂き、有難うございました。

 

< Menu >

*鞄持ち手交換

 

天草製作所

靴作り教室 生徒さんの靴完成

こんにちは。

どんどん寒くなってまいりましたね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

天草製作所の靴作り教室では、新たに生徒さんが靴を完成されました。

とても素敵なプレーントゥの紳士靴です。

Kさんは、約半年ほどで完成されました。

繊細な作業も、少し力が必要な作業も、とても丁寧に行われていたのが印象的です。

素敵な仕上がりとなり、とても嬉しく思います。

Kさん、おめでとう御座います!!

 

現在、生徒さんを募集しております。

少しでも気になった方は、見学だけでもお越し頂ければと思います。

貴方の足に合った素敵な靴を一緒に作りませんか?

 

天草製作所

ボアブーツ 丸洗い 履き口ライニング交換/ファスナー修理 

こんにちは!

寒いですね、ブーツが活躍する季節になってきました。

本日はブーツ修理2点のご紹介をいたします。

①ボアブーツ

汚れ落とし丸洗い、履き口ライニング交換

②ショートブーツ

ファスナーコイル縫い

 

①ボアブーツ

<Before>

とても暖かそうなボアブーツですね。

左右とも内側に黒いシミ汚れが付着していました。

 

 

 

<After>

◎丸洗い後

 

汚れは丁寧にしっかり落としました。

ボアの風合いもよりふわふわになりました。

 

◎履き口ライニング交換

履き口の内側のライニングが合皮だったため、牛革で新しく

作らせていただきました。

 

 

雰囲気を変えず、似たような革色で修理させていただきました。

これでこの冬も安心してたくさん履いていただけるかと思います。

ご依頼いただきありがとうございました。

 

 

②ショートブーツのファスナー修理

<Before>

コイルファスナーのスライダーが外れてしまっていました。

コイル部分(プラスチックの爪のようなところ)の1箇所がほつれてきてしまい、

そこからスライダーが外れてしまっていました。

 

<After>

 

 

 

 

ファスナーはそのまま利用させていただき、スライダーを入れ直し、

ほつれてしまっていたところを縫い直し修理させていただきました。

縫い目糸も違和感なく馴染んでいると思います。

ご依頼いただきありがとうございました。

 

プラスチック製のファスナーは金属製のファスナーと違い、

ファスナー丸ごと交換せずとも、縫い直しで修理できることが多いです。

お困りの際はぜひ一度、ご相談ください。

 

天草製作所

 

< Menu >

*ブーツ丸洗い

*ブーツファスナー修理

(スライダー入れ、コイル縫い)

 

修理依頼のご来店、ご配送ともにお待ち申し上げております。

*配送修理の詳細はこちらから

 

 

 

子供靴のご紹介

子供靴のご紹介をさせて頂きます。

 

今回のご注文は、お友達のご出産お祝いの贈り物として

ネイビーの子供靴をオーダー頂きました。

お洋服やベビー用品が多いご出産祝いを、

あっと驚く特別なプレゼントにしたいとご検討されていた中で、

オーダーの子供靴を目に留めて下さったとのこと。

お客様のおめでとうの気持ちが伝わるように、心を込めて作らせて頂きました。

喜んで頂けると幸いです。

 

◆子供靴のご注文について

価格  :  ¥ 18,000 + tax

サイズ :  13 / 14 / 15

カラー : ご相談お受けいたします

製作期間: 1か月程

ご出産のお祝いや、お孫さんへのプレゼントなど

オーダーメイド靴をご検討されるお客様が増えております。

一風変わった特別なプレゼントとして、いかがでしょうか?

 

以上、今回は子供靴のご紹介をさせて頂きました。

 

− 天草製作所 −

靴作り教室 生徒さんの靴完成

こんにちは。

すっかり寒くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

土曜日の靴教室では、生徒さんが靴を完成されました!

素敵なネイビーのストレートチップです。

Tさん、おめでとうございます!

 

早い方だと3ヶ月、多くの方は6か月前後で完成されます。

寒くなり、アウトドアな趣味が難しくなってくるこの季節、

室内で音楽を聴きながら、ゆっくりものづくりの趣味などはいかがでしょうか?

 

自分専用の木型で作った靴は、履き心地が全く違います。

 

現在、生徒さん募集中ですので

ご興味のある方は是非こ機会に、見学会だけでも起こし頂ければ幸いです。

お待ちしております。

靴作り教室レポート 第2話<型入〜カット>

こんにちは。石山です。

靴教室のレポート(私の作成進捗等)を先週からお話させて頂いておりますが、

本日は靴作りレポート第2話として、型入〜カットの工程をお話させて頂きます。

第1話でお話しパターンがこちらです。

 

①型入れ

型入れ工程では、作成したパターンを、

革(ライニンングとアッパー其々)に書き写して、カットする準備を行います。

線は銀ペンで、パーフォレーションやメダリオンの穴は目打ちで目印をつけます。

 

②カット

型入れを行い、切る線が明確になったところでカットの工程です。

カットは基本的にカッターで行いますが、

今回装飾用のギザギザの部分は、専用のハサミでカットします。

(線とギザギザの部分を間違えないように、見本をよく見ながら行いました)

 

③漉き

カットが出来たら、漉きの工程です。

革を合わせた場所に厚みがあると、履き心地に影響します。

なので、重ねしろの革を漉き機 & 手包丁で漉いて厚みを揃えていきます。

(場所によっても漉く厚みが違いました)

 

④装飾の穴開け

漉き工程が完了したら、装飾の穴(パーフォレーション/メダリオン)を開けていきます。

どちらも、開け方は同じで、ポンチをハンマーで叩いて開けていきます。

(穴径2つのポンチを使用し、1穴づつ開けていきました)

 

◇パーフォレーション

◇メダリオン

 

ここまでの工程で、一番初めにあったパターンが以下のように革でカットされた状態となります。

※先芯とカカト芯はまた別で作成します。

 

うーん。なかなか。

黙々と作業を行っているとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。

 

ということで、第2話はここまで。

型入〜カットまでをお話させて頂きました。

次回はミシンの工程かな?

(1作目はミシンの工程に苦戦しましたが、2作目はどうなるか!?!?)

 

では、また第3話でお会いしましょう。

dansko 白 ダンスコ ベルト交換

こんにちは!

いつのまにか肌寒くなり秋に入りましたね。

 

本日はダンスコのベルト作成交換修理をご紹介いたします 。

<After>

 

ベルトの付け根がちぎれてしまっていました。

 

 

新たに革で作成させていただきました!

 

 

 

革は、牛革と足に当たる面は豚革を使用し、新しくベルト丸ごと作成させていただきました。

これでまた安心してたくさん履いていただけるかと思います。

ご依頼いただき、ありがとうございました!

 

パンプスのストラップ他、負荷がかかりちぎれてしまったなど、お困りのものがありましたら、

新たに作成もできますので、一度ご相談ください。

 

< Menu >

*ベルト作成

 

修理依頼のご来店、ご配送ともにお待ち申し上げております。

*配送修理の詳細はこちらから

 

 

靴作り教室レポート 第1話<パターン作成>

初めまして、こんにちは。

新しく天草製作所のスタッフになりました石山です。

以後お見知り起きを。

 

私の初めてのブログですが、靴教室についてお話させて頂こうと思います。

 

私は勉強のため休日に靴作り教室に通っています。

以前、スタッフになる前に1足作成しているので、次で2足目になります。

 

<⇩1足目作成時の写真>

 

2足目は、一目惚れをしたフルブローグ外羽の靴を作成します。

(自分の手でこの靴を作れると思うと…楽しみです。にやり)

今後は、このブログにて靴作り教室での進捗や工程をご紹介させて頂こうと考えております。

 

– – ✂︎ 本題 ✂︎ – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

さて、本題になりますが第1回目の教室ではパターンの作成をしました。

既に用意されている型紙をまっさらな厚紙に書き移し、その線に沿ってカッターで切っていきます。

また、飾り穴はパンチで穴を開けていきます。

 

その後カッターで切った凸凹をヤスリで綺麗にし、完成です。

 

家で少し残った作業を行っていると、

愛猫が(何してるにゃ〜)と様子を見に来ました。

 

 

と、このように自分のパターンを作成しました。

靴ってこんな風に作っていくのね〜とご興味頂けると幸いです。

 

また、靴作り教室に興味のある方、この機会に是非見学だけでも起こし頂ければと思います。

自分の1つだけの靴を一緒に作りましょう!

 

長くなりましたが、靴作りのご紹介/猫の可愛い話をさせて頂きました。

では、第2話でまたお会いしましょう。