リュック底やぶれ 革当て縫い修理(特殊な形のパッチを使用)

こんばんは。

今回はリュックの底にダメージがあるバッグの修理方法についてご紹介します。

大切に使用されていたように見受けますが、長くご愛用するうちに大きな幅の擦り傷ができており

穴が空いている箇所だけでなく、全体を覆う必要がありました。

そのため、形を維持するために平面ではなく立体的な形のパッチを作成する必要がありました。

      <Before>

革で正円を作り、一部に切り込みを入れて内縫いをすることで、膨らみを持った立体的な形のパッチが出来上がります。

     <革パッチ>

今回はこちらのパッチを一般的な業務用ミシンではやりにくい場所に縫い付ける必要があり、今回はハイポストミシンを使用して縫いました。こちらのミシンは一般的には見かける頻度は少ないかもしれませんが、当店では新宿店にて取り扱っており、特殊な修理も可能にしています。

    <ハイポストミシン>

      <After>

立体的なパッチで覆ったため形も崩さず、しばらくはこの部分を気にせず使用することが可能になりました。当店はさまざまな事象の修理も扱っておりますので、ぜひお気軽に受付までお持ち込みくださいませ。

Staff S.H

Posted in バック修理, バッグ修理.